2.4 IPアドレス制限の強制解除

2021年9月22日

2.4 IPアドレス制限の強制解除

管理者は、「迷惑メールフィルタリング コントロールパネル」で設定した「IPアドレス制限(ソースIP制限)」の誤設定等によりログインが出来なくなった場合に、「管理者用コントロールパネル」から設定を強制的に解除できます。

※ 「IPアドレス制限(ソースIP制限)」の詳細は、『迷惑メールフィルタリング ドメイン管理者マニュアル』の「2.3.7ソースIP制限 」をご参照ください。

1) 管理者用コントロールパネルのトップページから、「接続元IPアドレス制限」が「あり」の状態を確認したうえで、[接続元IP制限管理]をクリックします。

手順1)の図

※ 上図は、プレミアムの画面を例にしています。

2) [解除する]にチェックを入れて、[確認]をクリックします。

手順2)の図

3) 確認画面が表示されたら、[実行]をクリックします。

手順3)の図

4) 「制限を解除しました。」と表示されたら、IPアドレス制限の解除は完了となります。 

手順4)の図