2.6 アカウント設定

2021年9月15日

2.6 アカウント設定

2.6.1 アカウント情報の表示

現在ログインしているアカウントの情報を確認する場合は、左メニューの[アカウント設定]をクリックして「アカウント設定」画面を表示します。

アカウント設定画面:各機能の図

アカウント情報を変更する場合は、[設定を変更する]をクリックして「アカウント設定変更」画面を表示します(背景色が朱色になります)。
参照)2.6.2アカウント情報の変更

● アカウント情報をエクスポートする場合は、[エクスポート]をクリックして「アカウント情報エクスポート」ダイアログを表示します。
参照)2.6.3アカウント情報のエクスポート

● アカウント情報をインポートする場合は、[インポート]をクリックして 「アカウント情報インポート」ダイアログを表示します。
参照)2.6.4アカウント情報のインポート

注意事項
アカウントごとの「隔離ボックスのディスクサイズ上限値」は、ドメイン全体のディスクサイズ上限値より大きい値を設定しても、ドメイン全体のディスクサイズ上限値に制限されます。
(サービス開始時の設定では、アカウントごとのディスクサイズ上限値は設定されていません。)

2.6.2 アカウント情報の変更

1) 「アカウント設定」画面 で[設定を変更する]をクリックして、「アカウント設定変更」画面を表示します(下図の様に、背景色が付きます)。

アカウント設定画面:変更画面の図

● 現在のアカウント情報の設定内容をエクスポートする場合は、[エクスポート]をクリックして「アカウント情報エクスポート」ダイアログを表示します。
参照)2.6.3アカウント情報のエクスポート

● アカウント情報をインポートする場合は、[インポート]をクリックして「アカウント情報インポート」ダイアログを表示します。
参照)2.6.4アカウント情報のインポート

2) 「アカウント設定変更」画面では、下表の情報を変更できます。変更後は、[設定する]をクリックしてください。

※ 必要に応じて、変更前のアカウント情報をエクスポート(バックアップ)してください。

項目説明
概要通知メール頻度■通知する場合は、通知頻度を日数で指定します。
■通知しない場合は、「通知しない」を選択します。
※デフォルトは「通知しない」です。
概要通知メール言語■概要通知メールの言語を指定します。
※「日本語」または「English」を選択できます。
画面表示言語■画面に表示する言語を指定します。
※「日本語」または「English」を選択できます。
注意事項
HTML形式非対応のメールソフトをご利用の場合、「概要通知メール」は、文字化けして受信される可能性がありますので、ご注意ください。

2.6.3 アカウント情報のエクスポート

アカウント情報ファイル(TSVファイル)のエクスポート方法

「アカウント設定」画面 または「アカウント設定変更」画面 で、[エクスポート]をクリックしてダウンロードします。

※ ご利用のブラウザによっては、ダイアログが表示される事があります。その場合は[ファイルを保存]を選択してください。

エクスポートされるファイル名

account-setting_YYYYMMDD_hhmmss.tsv
※「YYYYMMDD_hhmmss」には、エクスポートを実行した「年月日_時分秒」が表示されます。

TSVファイルの出力形式

notificationLang△<概要通知メール言語>
notificationFrequency△<概要通知メール頻度>
uiLang△<画面表示言語>

△:タブコードを示します。
▽:改行コードを示します。

TSVファイルの出力内容

項目説明
概要通知メール言語アカウントに設定された『概要通知メールの言語』が出力されます。
「ja」:日本語
「en」:英語
概要通知メール頻度アカウントに設定された『概要通知メールの通知頻度』が出力されます。
「1」~「14」:通知頻度の日数
「0」:通知しない
画面表示言語アカウントに設定された『画面表示言語』が出力されます。
「ja」:日本語
「en」:英語

TSVファイルの出力例

notificationLang△ja
notificationFrequency△7
uiLang△en

△:タブコードを示します。

2.6.4 アカウント情報のインポート

ここでは、アカウント情報ファイル(TSVファイル)のインポート方法をご案内します。

1) 「アカウント設定」画面 または「アカウント設定変更」画面 で[インポート]をクリックして、「アカウント情報インポート」ダイアログを表示します。

2) [ファイルの選択]をクリックして、アカウント情報を入力したTSVファイルを選択します。

※ アカウント情報をインポートするファイルは、アカウント情報をエクスポートしたファイルと同じ形式(.tsv)で作成してください。
参照)2.6.3アカウント情報のエクスポート

アカウント設定画面:インポートのダイアログの図

3) [インポートする]をクリックすると、インポートするための更新処理を受け付けて、ダイアログが閉じます。

4) インポートの実行結果は、「一括工事結果」画面で確認してください。

参照)2.9 一括工事結果(アカウント用)