III. SPFレコード設定

III. SPFレコード設定

対象:お客さまでご用意されたDNSサーバを使用しているお客さま

お客さまでご用意されたDNSサーバをご使用の場合、メール監査アーカイブサーバを経由して配送されるメールは、送信元が変わるため、「Sender Policy Framework(SPF)」に対応しているメールサーバで受信された際に、受信サーバの設定により拒否される可能性があります。
以下の記載例を参考に、DNSにSPFレコードを追記されることをお薦めします。

アドバイス
記載例
<お客さまドメイン名>. IN TXT “v=spf1 +a include:_spf.mwprem.net ~all"