2.2 メールアドレス

2021年9月22日

2.2 メールアドレス

管理者またはドメイン管理者がメールアドレスを設定する事で、1ユーザーが複数のメールアドレスを所有できるようになります。また、設定したメールアドレスには、「任意のアドレスへの転送」や「自動削除」等の動作を指定する事ができます。

2.2の図

2.2.1 メールアドレスの新規作成

1)[メールサーバー]から、[メールアドレス]をクリックします。

手順1)の図

2)[新規作成]をクリックします。

手順2)の図

3)[メールアドレス]の「@から左側」を入力して、ドメインを選択した後、[処理方法]を選択します。

手順3)の図

処理方法の選択について

手順3)処理方法の選択の図

上記をご確認の上、利用したい選択肢にチェックを入れてください。
また、[受信 – 詳細設定:]は、転送先のメールアドレス(複数の場合は, [カンマ]で区切る)を入力します。

注意事項
[受信 – 詳細設定:]に入力する際は、社内(コントロールパネルで設定されたドメイン)を転送先に指定する場合でも必ず、@から右側のドメインも入力してください。
例: sample1 ×  sample@example.co.jp ○
※ 自分自身のアドレスに転送する場合は@から右側が不要です。

4)[処理方法]の内容に間違いがないことを確認して、[保存]をクリックします。

メールアドレスを追加した旨のメッセージが表示されたら、完了です。

手順4)の図

2.2.2 メールアドレスの設定変更・削除

設定変更について

1)[メールサーバー]から、[メールアドレス]をクリックします。
手順1)の図
2)設定変更したいメールアドレスの、[設定]をクリックします。
手順2)の図
注意事項
メールアドレス自体の変更は行えません。別途、別の文字列で[新規作成]する必要があります
3)[処理方法]を任意の設定に変更して、[保存]をクリックして設定変更完了です。
手順3)の図

削除について

1)[メールサーバー]から[メールアドレス]をクリックした後、削除したいメールアドレスの、[削除]をクリックします。
手順1)の図
2)確認画面が表示されたら[削除]をクリックします。
手順2)の図
3)削除された旨のメッセージが表示されたら、メールアドレス削除の完了です。
手順3)の図
注意事項
メールアドレスの削除以降は、そのメールアドレスでのメール受信は出来なくなります。
ただし、サーバーに保存済のメールデータが削除される事はありません。