4.3 データベース

2021年9月24日

4.3 データベース

4.3.1 利用可能なデータベース

Bizメール&ウェブ プレミアムでは、MySQLとPostgreSQLが利用可能です。

データベースバージョン
MySQL5.7.32
PostgreSQL9.2.24
phpMyAdmin4.4.15 / 5.0.4 ※コントロールパネルで切り替え可能
phpPgAdmin4.4.18

4.3.2 MySQLの利用開始(初期化)

「データベース」画面から、MySQLの設定変更・起動と停止・パスワード変更が可能です。なお、コントロールパネルからMySQLを最初に起動した場合に限り、MySQLを初期化する必要があります。

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、MySQLの操作欄にある[利用開始]をクリックします。

手順1)の図

2)初めて使用する場合は、下図の「利用開始設定」画面が表示されます。
パスワードを入力して、[利用を開始する]をクリックしてください。

手順2)の図
注意事項
パスワードで利用可能な文字種や記号は以下の通りです。
▶️ パスワードは8~32文字の長さが必要です。
▶️ 英大文字、英小文字、数字、記号をそれぞれ1文字以上含む必要があります。
▶️ パスワードに利用可能な記号は、次のとおりです。
 @ # $ % ^ * ( ) _ + = – &

3)「MySQLを初期化しました。」と表示されたら、完了です。

手順3)の図

4.3.3 MySQLの利用開始

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、MySQLの操作欄にある[起動]をクリックします。

手順1)の図

2)「MySQLデータベースが有効になりました。」と表示されたら、MySQLの起動は完了です。

手順2)の図

4.3.4 MySQLの停止

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、MySQLの操作欄にある[停止]をクリックします。

手順1)の図

2)「MySQL データベースが無効になりました。」と表示されたら、完了です。

手順2)の図
注意事項
MySQLを利用しているアプリケーションがある場合は、MySQLを無効にすると正常にご利用できなくなりますので、ご注意ください。

4.3.5 MySQLのパスワード変更

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、MySQLの操作欄にある[設定]をクリックします。

手順1)の図

2)パスワード変更画面で新しい[パスワード]を入力して、[保存]をクリックします。

手順2)の図

3)「MySQLのパスワードを変更しました。」と表示されたら、完了です。

手順3)の図
注意事項
MySQLを利用しているアプリケーションがある場合は、MySQLのパスワードを変更すると正常にご利用できなくなります。必要に応じて新しいパスワードに変更してください。

4.3.6 MySQLの利用

PHPからのMySQL接続やODBC等を利用する場合に、下記の設定が必要です。

情報内容
ポート番号3306
接続ホスト名お客さまドメイン名、またはWebサーバーのIPアドレス、またはlocalhost
データベース名使用するデータベース名
IDデータベースへアクセスできる権限を持つMySQLユーザー名
パスワードMySQLアカウント作成時に設定したパスワード
アドバイス
*MySQLのストレージエンジンは、下記の4種類がご利用いただけます。
・ CSV
・ MRG_MYISAM
・ MEMORY
・ MyISAM
MySQLの文字コードはUTF-8を使用しています。
注意事項
<Bizメール&ウェブ プレミアム サーバー以外 からのODBC接続について>
● MySQL5.7 の場合、MySQLユーザーの特権変更および /etc/my.cnf の設置が必要です。
● MySQL5.7 の場合、ストレージエンジンはInnoDBです。

4.3.7 phpMyAdminの起動

MySQLをホームページ上から管理するためのソフト「phpMyAdmin」を有効化する方法を、ご説明します。

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、phpMyAdminの操作欄にある[有効化]をクリックします。

手順1)の図

2)「phpMyAdminを有効化しました。」と表示されたら、完了です。

手順2)の図
注意事項
MySQLサービスを起動していないと、phpMyAdminをご利用いただけません。
MySQLが停止している場合は、「4.3.3 MySQLの利用開始」を参照してMySQLを起動してください。

4.3.8 phpMyAdminの停止

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、phpMyAdminの操作欄にある[無効化]をクリックします。

手順1)の図

2)「phpMyAdminを無効化しました。」と表示されたら、完了です。

手順2)の図

4.3.9 phpMyAdminのログイン

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、[phpMyAdminを開く]のアイコンアプリを開くのアイコンをクリックします。

手順1)の図

2)phpMyAdminのログイン画面が表示されたら、[ユーザー名]と[パスワード]を入力して、[実行]ボタンをクリックします。

手順2)の図
アドバイス
ログインには、サーバー管理者IDと「4.3.5 MySQLのパスワード変更」で設定したパスワードを使用します。

3)ログインが完了すると、下図の管理画面が表示されます。

手順3)の図
注意事項
MySQL や phpMyAdmin の利用方法などは、サポート対象外となります。

4.3.10 phpMyAdminのバージョン変更

PHPのバージョンによって、phpMyAdminを対応バージョンに変更する必要があります。

▶️ PHP5.4を使用 → phpMyAdmin4.4.15 + MySQL5.7
▶️ PHP7.4を使用 → phpMyAdmin5.0.4 + MySQL5.7

注意事項
● PHP7.2は2020年11月に提供を終了しました。

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、phpMyAdminの操作欄にある[設定]をクリックします。

手順1)の図

2)バージョン変更画面が開いたら、必ず注意事項と現在のバージョンを確認した上で、問題がなければ[phpMyAdminx.x.xにバージョン変更]をクリックします。

手順2)の図

3)「phpMyAdminのバージョンを変更しました。」と表示されたら、変更完了です。

手順3)の図

4.3.11 PostgreSQLの利用開始(初期化)

「データベース」の画面から、PostgreSQLの設定変更・起動と停止・パスワード変更が可能です。なお、コントロールパネルからPostgreSQLを最初に起動した場合に限り、PostgreSQLを初期化する必要があります。

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、PostgreSQLの操作欄にある[利用開始]をクリックします。

手順1)の図

2)初めて使用する場合は、下図の「利用開始設定」画面が表示されます。
パスワードを入力して、[利用を開始する]をクリックしてください。

手順2)の図
注意事項
パスワードで利用可能な文字種や記号は以下の通りです。
▶️ パスワードは8~32文字の長さが必要です。
▶️ 英大文字、英小文字、数字、記号をそれぞれ1文字以上含む必要があります。
▶️ パスワードに利用可能な記号は、次のとおりです。
 @ # $ % ^ * ( ) _ + = – &

3)「PostgreSQLを初期化しました。」と表示されたら、完了です。

手順3)の図

4.3.12 PostgreSQLの利用開始

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、PostgreSQLの操作欄にある[起動]をクリックします。

手順1)の図

2)「PostgreSQLデータベースが有効になりました。」と表示されたら、PostgreSQLの起動は完了です。

手順2)の図

4.3.13 PostgreSQLの停止

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、PostgreSQLの操作欄にある[停止]をクリックします。

手順1)の図

2)「PostgreSQL データベースが無効になりました。」と表示されたら、PostgreSQLの停止は完了です。

手順2)の図
注意事項
PostgreSQLを利用しているアプリケーションがある場合は、PostgreSQLを無効にすると正常にご利用できなくなりますので、ご注意ください。

4.3.14 PostgreSQLのパスワード変更

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、PostgreSQLの操作欄にある[設定]をクリックします。

手順1)の図

2)パスワード変更画面で新しい[パスワード]を入力して、[保存]をクリックします。

手順2)の図

3)「PostgreSQLのパスワードを変更しました。」と表示されたら、完了です。

手順3)の図
注意事項
PostgreSQLを利用しているアプリケーションがある場合は、PostgreSQLのパスワードを変更すると正常にご利用できなくなります。必要に応じて新しいパスワードに変更してください。

4.3.15 phpPgAdminの起動

PostgreSQLをホームページ上から管理するためのソフト「phpPgAdmin」  のインストール方法をご説明します。

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、phpPgAdminの操作欄にある[有効化]をクリックします。

手順1)の図

2)「phpPgAdminを有効化しました。」と表示されたら、完了です。

手順2)の図
注意事項
PostgreSQLサービスを起動していないと、phpPgAdminをご利用いただけません。
PostgreSQLが停止している場合は、「4.3.12 PostgreSQLの利用開始」を参照してPostgreSQLを起動してください。

4.3.16 phpPgAdminの停止

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、phpPgAdminの操作欄にある[無効化]をクリックします。

手順1)の図

2)「phpPgAdminを無効化しました。」と表示されたら、完了です。

手順2)の図

4.3.17 phpPgAdminのログイン

1)コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」から[データベース]をクリックして、[phpPgAdminを開く]のアイコンアプリを開くのアイコン をクリックします。

手順1)の図

2)左のメニューの「PostgreSQL」からログイン画面を開き、[ユーザー名]と[パスワード]を入力して、[ログイン]をクリックします。

手順2)の図
アドバイス
ログインには、ID(postgres)と「4.3.14 PostgreSQLのパスワード変更」で設定したパスワードを使用します。

3)ログインが完了すると、下図の管理画面が表示されます。

手順3)の図
注意事項
PostgreSQLやphpPgAdminの利用/操作方法などは、サポート対象外となります。