6.1 CGIスクリプトの設置場所へのリンク

6.1 CGIスクリプトの設置場所へのリンク

本サービスでは、CGI スクリプトの実装が可能です。本サーバーに実装したウェブコンテンツから、CGIスクリプトを呼び出す場合、次の記述でリンクを設定できます。

CGI スクリプトの設置場所へのリンク

/cgi-bin/<CGI ファイルへのパス>/<CGI ファイル名> に設置した場合
http://<お客さまドメイン名>/cgi-bin/<CGIファイルへのパス>/<CGIファイル名>
例: http://www.examle.jp/cgi-bin/test.pl

アドバイス
利用者が作成したウェブコンテンツからも、該当ドメイン内のCGIスクリプトの設置場所へのリンクを設定できます。リンクの設定方法は、管理者と同じ
/www/cgi-bin/<CGI ファイルへのパス>/<CGI ファイル名> となります。
注意事項
● cgi-bin ディレクトリにファイルをアップロードした場合、ファイルのアクセスパーミッションには、本サービス環境標準のもの (644, -rw-r–r– ) が割り当てられます。

● 設置したファイルに対して直接の起動を掛けたい場合は、ファイルの転送後、実行権限を与える(755, -rwxr-xr-x ) 等のアクセスパーミッション変更が必要になります。

● ファイル単位でのアクセスパーミッションの変更は、FTPソフトやコントロールパネルから行うことができます。
 コントロールパネルからファイルを変更する場合は・・・
 ①「ファイルマネージャ」機能でファイルが設置されたディレクトリを表示します。
 ② 該当ファイルの[プロパティ]をクリックします。
 ③「ファイルのプロパティ」画面から[属性変更]をクリックします 。